高血圧の症状としてのだるさ

 

高血圧に自覚症状はほとんどありません。しかし、一部の人には頭痛や頭の重さ、だるさなどの症状が起こることがあります。

一般的には、血圧がかなり高い状態が長く続いてもはっきりとした症状は現れないことから、何か自覚症状が現れた場合は、高血圧の他に何か合併症を併発しているリスクがあります。

高血圧と診断されたら、生活習慣を改善するため運動療法や食事療法などの指導を受けたり、場合によっては薬物療法を実施することもあるでしょう。

しかし治療を開始したものの、ふらつきがあったりめまいがすることがある、このような症状を感じる方もいます。

高血圧の症状としてふらつきやめまいの症状があらわれる場合、原因は何なのでしょうか?

血圧が下がり過ぎている

血圧が下がり過ぎていると、脳への血流が悪くなりふらつきやめまいといった症状があらわれる可能性があります。

処方されている薬が効き過ぎて、低血圧になっているのかもしれません。

普段脳の血流は安定を保つため圧力が自動的に調整されており、少しくらい血圧が下がっても大丈夫ですが、あまりに下がりすぎるとふらつきやめまいの症状があらわれます。

薬の副作用

高血圧の薬の中で、副作用として立ちくらみやめまいの症状があらわれるものがあります。

α遮断薬などです。

この薬は血管を広げることで血圧を下げる効果がある薬で、血管が硬化しているタイプによく効き、脂質異常症や糖尿病の人に処方されます。

副作用は少ないのですが、人によってはめまいや立ちくらみの症状が出ます。

一時的なものでおさまることも多いのですが、あまりに症状が強い場合は医師に相談したほうがいいでしょう。

合併症の症状としてあらわれている

高血圧は、脳や心臓の血管の病気を併発しやすい状態になっています。

これらの合併症が発症したり悪化した結果、ふらつきやめまいの症状があらわれているかもしれません。

ふらつきやめまいの症状が気になったら、早めに病院で相談するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket