高血圧の症状としてのほてり

 

ほてりは自律神経とつながりがあり、自律神経の不調は更年期障害や高血圧を引き起こすこともあります。

ほてりとは?

ほてり(火照り)とは顔が紅潮し、顔や体が熱くなることです。

顔だけでなく、全身で熱を感じ、何らかの原因によって体温が上昇している状態です。

お風呂などで血液の循環がよくなると起こりやすくなります。

また、一般的な風邪による疾患の症状でもあります。

ほてりの原因

過度な緊張状態やストレスなど、精神的な要因によって「ほてり」の状態になることもありますが、高血圧、更年期障害、自律神経失調症などを要因として、自律神経の働きが乱れることが主な原因です。

一般的に起こるほてりは、自律神経の乱れが影響しています。

女性の場合は、生理、出産、閉経などによって女性ホルモンのバランスが変化し、自律神経に悪影響を与え、ほてりが起こります。

高血圧は自覚症状がありませんが、頭痛やめまい以外にもほてりが症状としてあらわれる人もいます。

高血圧とほてりの関係

自律神経は血圧をコントロールする役割があり、自律神経の乱れによってあらわれるほてりは、自律神経に異常が起こっているというサインであり、高血圧を引き起こしている可能性があります。

女性に起こるほてりは更年期高血圧

女性は閉経により女性ホルモンのバランスが変化し、更年期障害を発症する人が多いです。

更年期障害は自律神経の乱れが原因となっており、自律神経の乱れは更年期障害だけでなく、血圧コントロールを乱し、「更年期高血圧」をも発症する可能性を高めます。

女性は特に閉経後から自律神経失調症、更年期障害、高血圧を発症するケースが多くなり、その症状としてほてりがあらわれることが多いので、病気のサインと考えたほうがいいでしょう。

ほてりくらいと軽視する人が多いですが、ほてりは自律神経とのつながりがあり、自律神経は更年期障害や高血圧などともつながりがありますので注意が必要です。

高血圧によるほてりを感じたら、高血圧を改善するためにもDHA・EPAを日常的に摂取したいですね。DHA・EPAを手軽に摂取するのにおすすめなのが「きなり」というサプリです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket