高血圧の症状と対策まとめ

 

高血圧の症状としてのめまい

血圧は高すぎても低すぎてもダメです。重要なのは血圧をコントロールすることです。血圧をコントロールできないと、頭痛や耳鳴り、めまいなど、体にさまざまな異変が生じます。

高血圧の症状として「めまい」を感じている人がいるかもしれません。しかし、実は高血圧によって「めまい」という症状が起こることはないようです。

さらに詳しく読むにはこちら

高血圧の症状としてのだるさ

高血圧に自覚症状はほとんどありません。しかし、一部の人には頭痛や頭の重さ、だるさなどの症状が起こることがあります。

一般的には、血圧がかなり高い状態が長く続いてもはっきりとした症状は現れないことから、何か自覚症状が現れた場合は、高血圧の他に何か合併症を併発しているリスクがあります。

高血圧と診断されたら、生活習慣を改善するため運動療法や食事療法などの指導を受けたり、場合によっては薬物療法を実施することもあるでしょう。

しかし治療を開始したものの、ふらつきがあったりめまいがすることがある、このような症状を感じる方もいます。

高血圧の症状としてふらつきやめまいの症状があらわれる場合、原因は何なのでしょうか?

さらに詳しく読むにはこちら

高血圧の症状として「肩こり」はある?

高血圧の人は肩こりを感じている人が多いと言われますが、高血圧の症状として「肩こり」もあるのでしょうか?

肩こりの原因には、肥満、姿勢の悪さ、冷え性、眼精疲労、ストレス、そして、高血圧による内科系の異常などが考えられます。

さらに詳しく読むにはこちら

高血圧の症状としてのほてり

ほてりは自律神経とつながりがあり、自律神経の不調は更年期障害や高血圧を引き起こすこともあります。

自律神経は血圧をコントロールする役割があり、自律神経の乱れによってあらわれるほてりは、自律神経に異常が起こっているというサインであり、高血圧を引き起こしている可能性があります。

さらに詳しく読むにはこちら

高血圧の症状として鼻血が出ることがある?

高血圧になると頻繁に鼻血が出る、あるいは鼻血がなかなか止まらないという人がいるのですが、高血圧が鼻血を引き起こすのでしょうか?

高血圧症による鼻血は、鼻腔の後ろの太い血管の血管壁などが動脈硬化により傷むことが原因の場合が多いです。

高血圧症による鼻血は、出血量も多く、口から溢れるほど激しく出血するケースも見られます。

さらに詳しく読むにはこちら

高齢者に起こりがちな高血圧の症状

高齢者に起こりがちな高血圧の症状として収縮期高血圧があります。

収縮期高血圧とは、下の血圧(拡張期血圧)は正常なのに、上の血圧(収縮期高血圧)が高い状態のことです。

血圧は年齢とともに上昇し、高齢者においては3人に2人が高血圧だといわれています。

年齢による血圧の変化は収縮期血圧と拡張期血圧で違います。

収縮期血圧は加齢とともに上昇を続けます。また、拡張期血圧は50~60歳くらいで最高となりそれ以降は低下します。

そのため、高齢者の場合は収縮期血圧と拡張期血圧の差が大きくなるのです。

そして収縮期高血圧の人が多いのです。

さらに詳しく読むにはこちら

高血圧の症状に対しての対策

高血圧を放置すると、動脈硬化や心臓病、脳卒中などの病気を引き起こすリスクがあります。

そのため血圧の管理は健康維持には必須です。

高血圧は、肥満と深く関係しています。

特に、上半身型肥満やリンゴ型肥満といわれる、内臓に脂肪がつく内臓脂肪型肥満は注意が必要です。

高血圧を改善するためには、まず肥満の解消が必要です。

肥満を解消するには、適度な運動が大切です。

特に有効なのが有酸素運動で、長期間継続することで、血圧を下げることが期待できます。

ウォーキングや軽いジョギング、平坦な道でのサイクリング、スイミングなどを継続的に行いましょう。

また、食生活の改善も必要です。

さらに詳しく読むにはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket