血液の脂質異常症|きなりで対策

 

コレステロール値、中性脂肪値に要注意

生命を維持するのに欠かせない栄養素の一つに、脂質があります。

体内には、コレステロール、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸の4種類の脂質があり、血液の流れに乗って、必要とする臓器に運ばれます。

必要不可欠な資質ですが、増え過ぎると動脈硬化の原因となるため、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす可能性が高まります。

しかし、血液中の脂質が増え過ぎても自覚症状がないため、気づいたときには動脈硬化が進行していることが少なくありません。

健康診断の血液検査で、血液中に含まれている脂質の値が重要視されるのも、命にかかわる病気の予防や発見につながる大切な目安だからです。

血液検査によって、悪玉のLDLコレステロール血や中性脂肪値が高かったり、善玉のHDLコレステロール値が低かったりした場合は、脂質異常症と診断されます。

以前は、総コレステロール値や中性脂肪値が高い症状を高脂血症と呼んでいましたが、善玉のコレステロール値が低すぎる場合も血管がもろくなるなど問題となるため、これを考慮して脂質異常症という名称に変更されました。

血液中の脂質値に異常がおこる原因の多くは、生活習慣からきています。

重大な病気に発展するの防ぐには、健康診断を受けて定期的に血液中の脂質をチェックし、同時に、毎日の生活習慣に気をつけて予防力をつけておくことが欠かせません。

健康診断の血液検査診断の見方

どれか一つでも異常があれば脂質異常症

LDLコレステロール140mg/dl以上・・・高LDLコレステロール血症
120~139㎎/dl・・・境界域高LDLコレステロール血症

HDLコレステロール 40mg/dl未満・・・低HDLコレステロール血症
中性脂肪 150mg/dl以上・・・高トリグリセライド血症

動脈硬化にかかわるコレステロール

LDLコレステロールとHDLコレステロールの違い

コレステロールは、体内の細胞膜のホルモン、胆汁酸などの材料となる重要なものですが、脂質なので血液に溶け込むことはできません。

リン脂質にコーティングされることで、血液に溶け込み、全身に運ばれて行くのです。

コーティングの際、遊離コレステロール、アポタンパクも一体となり、リポタンパクという粒子になります。

このリポタンパクが、コレステロールや中性脂肪を運ぶ乗り物になるのです。

リポタンパクには様々な種類がります。

脂質を含む量や割合、大きさ、働きも違います。

LDLとHDLもリポタンパクの一種ですが、働きがまったく異なります。

LDLは全身にコレステロールを運ぶ働きをし、HDLは余ったコレステロールを全身から回収して肝臓にもどす働きをします。

また、LDLで運ばれるコレステロールのことをLDLコレステロール、HDLで運ばれるものをHDLコレステロールといいますが、コレステロールそのものに違いはありません。

乗り物であるリポタンパクの違いで区別されているのです。

悪玉、超悪玉、善玉とは

悪玉、善玉という呼び方も、リポタンパクの違いからきています。

コレステロールを全身に供給するLDLが増え過ぎると、組織への供給が過剰となり、余分なLDLは血管壁にたまり、酸化変性します。

これが動脈硬化の原因になることから、悪玉コレステロールと呼ばれるのです。

また、同じLDLの中でも、小型のLDLは血管壁に沈着しやすいので、超悪玉ともよばれます。

これに対し、余ったコレステロールを回収するHDLは、血管壁にたまったコレステロールを回収するので、動脈硬化を予防する効果があります。

このことから、HDLに含まれるものは善玉コレステロールと呼ばれるようになりました。

LDLの酸化が動脈硬化を招く

血管壁にたまった余分なLDLは酸化変性して、白血球の一種であるマクロファージに取り込まれやすい状態になります。

マクロファージは、免疫機能にかかわっており、異物と認識したものをどんどん食べる性質があります。

酸化LDLを食べたマクロファージは、泡状の細胞に変化して死んだあと、血管壁につもります。

これが粥状の塊となり、血管内を狭くして動脈硬化を促進させるのです。

特に小型LDLは、約5日間も血液中にとどまるうえ、小型なので血管壁に入りやすく、抗酸化物質の含有量が少ないので、酸化LDLに変化しやすいという特性を持っています。

LDLを増やさない、酸化させないことが動脈硬化の予防には重要なのです。

HDLが低過ぎても動脈硬化になる

HDLが不足すると、神経系統や消化機能をはじめとする様々な機能が変調をきたし、体調の悪化につながります。

血管の細胞も例外でなく、もろく、傷もつきやすくなって、動脈硬化が発生しやすい状態になってしまいます。

HDLコレステロールの値が低すぎる場合を、低HDL血症と呼んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket