中性脂肪も動脈硬化を促進する|きなりで対策

 

中性脂肪が増えると、悪玉コレステロールも増える

中性脂肪も体を維持するのに欠かせない脂質の一つです。

皮下脂肪や内臓脂肪に蓄えられて、体調の維持や外部の衝撃から体や内臓を守る役割をはたしているほか、貯蔵用のエネルギー源としても使われます。

ただし、食事で脂質や糖質をとり過ぎたり、エネルギーの消費量が少なかったりすると、血液中に余ることになり、中性脂肪値が高くなります。

中性脂肪の場合は、LDLのように血管壁に入り込んで、動脈硬化の直接の原因になるようなことはありませんが、コレステロールに重大な悪影響を及ぼすことが分かっています。

中性脂肪値が高いと、LDLが小型化し、超悪玉の小型LDLが増えてしまうのです。

さらに、コレステロールを回収する働きをもつHDLが減少するため、LDLが増え、酸化が進み、動脈硬化も促進させてしまいます。

血液中の物質に影響を与えて、血液を固まりやすくする作用もあるので、血栓ができる危険性も高まります。

メタボリックシンドロームにもつながる

中性脂肪が増えれば、皮下や内臓にたくわえられる脂肪も増えるので、肥満体になります。

気をつけなければならないのは、内臓、つまり腹腔の腸間膜の部分に脂肪がついた内臓脂肪型肥満です。

お腹がほかの部分より太った状態なので、外見からも判断がつきます。

内臓脂肪型肥満は、メタボリックシンドロームにつながる危険な肥満です。

脂肪細胞からは、体内の機能をコントロールする生理活性物質が分泌されていますが、内臓脂肪がたまって脂肪細胞が肥大すると、その分泌に異常がおこります。

その結果、脂質異常症、高血糖、高血圧になり、メタボリックシンドロームに陥ってしまうのです。

メタボリックシンドロームが動脈硬化を進行させ、全身にさまざまな症状をおこして、命にかかわる重大な病気を引き起こします。

メタボリックシンドロームの予防には、中性脂肪が増え過ぎないようにすることが欠かせません。

内臓脂肪の増加でアディポネクチンが減る

脂肪細胞から分泌される生理活性物質の一つにアディポネクチンというホルモンがあります。

このホルモンには、インスリンの働きを助け、血管を広げ、脂肪代謝を促進し、欠陥を修復するという作用がります。

体を守るために欠かせないアディポネクチンですが、その分泌量を減少させてしまうのが内臓脂肪です。

内臓脂肪をため込み過ぎると、欠陥を修復する作用が弱くなるために、もろく破れやすい血管になるだけでなく、血糖値や血圧を下げる働きも低下します。

アディポネクチンの分泌量を減らさないためにも、内臓脂肪をため込まないように気をつけなければなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket