血中脂質、血糖値、血圧を正常に近づけるタマネギ

 

タマネギは、どこの家庭でも常備してあるごく一般的な野菜です。

タマネギは、すぐれた健康効果をたくさん秘めています。

まずコレステロール値を下げる作用や動脈硬化の予防効果があります。

この働きにかかわっているのが、ニンニクなどにも含まれている植物の生理活性物質、硫黄化合物です。

硫黄化合物は種類が多く、切ったり加熱されることで、いろいろな成分と反応して発生し、それぞれに違った効能を示します。

例えば、イソアリインにはコレステロール値や中性脂肪、血糖値を下げる働きがあります。

プロピルメチルジスルフィドには血小板の凝集抑制効果があり、血栓をできにくくする作用があります。

生でも加熱しても、効果を発揮するのがうれしい点です。

このほか、特に外皮に多いケルセチンというポリフェノールは脂質と結合しやすく、腸内で脂肪を吸着して排泄させる働きがあります。

抗酸化力も高いので、LDLの酸化を防ぎ動脈硬化を予防します。

タマネギの食べ方

水にさらさず切ったら15分置くのがポイントです。

タマネギの有効成分は水溶性です。

生で食べる時には、水にさらしてしまいがちですが、せっかくの効果が減ってしまうので注意が必要です。

また、切ってから15分放置することで有効成分が安定します。

加熱調理の際は、直前に切らないで早めに切っておくなどの段取りを考えて利用しましょう。

タマネギの健康効果を得るためには、1日に50g(1/4個)程度を食べるとよいといわれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket