魚に含まれる不飽和脂肪酸がコレステロールや中性脂肪下げる

 

イワシやアジ、マグロやサバなどからの表面が青く光っている魚を青魚といます。

これらの魚に共通して含まれている健康成分がEPAとDHAです。

どちらも不飽和脂肪酸の仲間です。

これらは肝臓でコレステロールの生成を抑え、血液中のコレステロールを減少させる作用があります。

また、悪玉のLDLを減らして、善玉のHDLを増やし、中性脂肪を減らすことも分かっています。

このほか、血液を固まりにくくしたり、血栓を溶かしたり、血管を拡張させたりする働きもあります。

血液の凝固抑制する働きはどちらかというとEPAの方に強くみられ、一方コレステロールの低下作用はDHAの方が優れています。

また、DHAは、脳の神経機能の発育や維持にかかわっていて、DHAが不足すると学習能力や記憶力に影響があることから、アルツハイマー型認知症の予防にも期待されています。

EPAやDHAを摂取するには魚を生で食べる

青魚に多いEPAやDHAですが、実は魚全般に含まれていて、中にはマダラやホッケのように青魚以上にたくさん含まれている魚もあります。

青魚がよいとされるのは、両方の成分を豊富に含ものが多いからです。

また、マグロやカツオ、イワシ、アジ、サンマなど青魚の種類は多く、昔から私たちの食生活になじみが深いことも理由の一つです。

EPAもDHAも魚の脂肪に含まれる成分なので、焼いたり煮たりといった、加熱調理によって溶けだしてしまいます。

そのため一番良いのは生で食べることです。

また、イワシやサンマならつみれにして、有効成分が溶け出したものが飲めるつみれ汁もおすすめです。

ゴボウやニンジン、ネギなど食物繊維豊富な野菜をたっぷり入れて具だくさんにすれば、コレステロール対策にはもってこいです。

このほか、魚のホイル焼きも効果的です。

タマネギやキノコなどを魚の下に敷いて蒸し焼きにすれば、溶け出したEPA、DHAが染み込んで一緒に食べられます。

ただし、EPAやDHAなどの不飽和脂肪酸は酸化が早いので、干物はあまりお勧めできません。

せっかくの効能が無駄になりかねないからです。

干物を食べるならできるだけ鮮度の良い物を購入し、新鮮なうちに食べましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket