アミノ酸の一種タウリンがコレステロールを減少する

 

一昔前までは、イカ、エビなどのコレステロールが多い食品を食べすぎることは敬遠されていましたが、コレステロールの測定法が進み、それまでのデータよりも少ないことがわかりました。

現在では、これらの食品に含まれるアミノ酸の一種であるタウリンという成分の方が重要視されています。

なぜなら、タウリンには肝機能を高める働きが確認されたからです。

肝細胞の再生を活発にし、胆汁酸の分泌を促進するので、間接的に血液中のコレステロールを減らすのです。

しかも、悪玉のLDLだけが減り、善玉のHDLは増えるという実験データがあります。

このほか、タウリンの交感神経抑制作用が血圧の安定に役立つことも分かっています。

さらに、心臓機能の向上、インスリンの分泌を促進する作用もあります。

また、体内のコレステロールを減らすので、高コレステロールが原因でできる胆石症にも有効であることが分かっています。

多雨林を豊富に含む食品は、イカ、エビのほか他行、そしてサザエ、カキ、見る倍、ホタテ、ハマグリなどの貝類です。

アジ、サンマ、イワシなどの青魚にも多く、マグロやサバの血合い部分に含まれています。

これらの食品には亜鉛が多いことも特徴です。

亜鉛は細胞や組織の代謝に欠かせない多くの酵素の構成成分で、中高年の体調管理には必須です。

特に、牡蠣の亜鉛含有量はダントツです。

旬の牡蠣にはタウリンも豊富に含まれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket