βカロテンやカプサンチンがコレステロールの上昇を抑える

 

最近は緑色をしたなじみのあるピーマン以外に、少し大きめで赤やオレンジ、黄色などをとても色鮮やかなカラーピーマンをよく見かけます。

緑色のピーマンは実は未熟な果実で、完熟すると赤やオレンジなどの鮮やかな色になるのです。

いずれのピーマンもβカロテンやビタミンCなどの抗酸化ビタミンを豊富に含んでいるので、コレステロール対策におすすめの野菜です。

特にピーマンのビタミンCは熱に強く、加熱しても損失が少なくてすみます。

また、色鮮やかなカラーピーマンには、βカロテンが緑のピーマンの倍以上含まれているといわれています。

そのうえ、βカロテンよりも強い抗酸化力があるポリフェノール、カプサンチンも豊富です。

これらの抗酸化力はLDLの酸化を防ぎ、結果的にコレステロールや中性脂肪の減少に役立ち、動脈硬化を予防してくれるのです。

一方、緑のピーマンの色素であるクロロフィルには、コレステロールを低下させる作用があるので、従来の緑か、カラーピーマンどちらかというのではなく、どちらも積極的に食べたい野菜です。

ピーマンにはフランス語のピマン(トウガラシ)からきているそうです。

ちなみに、カラーピーマンのことをパプリカという言い方もしますが、パプリカとはオランダ語でピーマンと同じ意味です。

今はトウガラシの仲間なので、辛み成分であるカプサイシンも含まれています。

カプサイシンは脂肪の燃焼を助けてくれる成分です。

中華料理のチンジャオロースはピーマンがたっぷり食べられる献立の代表ですが、和食材とも相性がいいので、オリーブオイルでさっと炒めてじゃこやおかかを加えてしょうゆ風味にしてもご飯によく合うおかずになります。

色鮮やかなピーマンは食卓の彩も鮮やかにしてくれますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket