発芽野菜特有の凝縮されたビタミンがコレステロールを減らす

 

スプラウトとは発芽野菜の総称で、以前はカイワレ大根やモヤシなどが主なものでしたが、今ではブロッコリー、レッドキャベツ、マスタード、ガーデンクレス、豆苗、ソバの芽など多くの種類が販売されています。

スプラウトの健康成分といえば、スルフォラファンなどの硫黄化合物です。

これらは生理活性物質ともよばれ、アブラナ科の野菜に多い成分です。

スプラウトにはアブラナ科の野菜が多く、新芽部分にもたっぷりと含まれています。

このほか、βカロテンやビタミンC、ビタミンEなども豊富です。

またレッドキャベツの赤色は、ポリフェノールの一種であるアントシアニンによるものです。

このほか、豆苗のように、実であるエンドウ豆の何十倍も多いビタミン類が含まれていて、さらに豆にはないビタミンCが含まれるものもあります。

これらの多くのビタミン類と抗酸化作用抜群の生理活性物質の働きが、LDLの酸化を防いだり、体内の中性脂肪やコレステロールを減らしたりして、動脈硬化が進むの予防してくれます。

スプラウトはさっと洗うだけで使えるので便利です。

例えば、脂肪の少ない蒸し鶏と数種類のスプラウトを加えたサラダは、コレステロール対策におすすめの献立です。

また、鶏の代わりにマグロの刺し身を使って、スプラウトをたっぷり添えて、カルパッチョ風にすれば、DHA、EPAも摂取することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket