海藻類を食べることでコレステロール対策になる

 

ワカメの効能

現代人に不足しているといわれる食物繊維ですが、手っ取り早く摂取したい人におすすめなのが海藻を使った料理です。

海藻はカロリーがとても低く、その上、食物繊維やミネラルなどが豊富です。

海藻に含まれる水溶性食物繊維は、腸内の胆汁酸やコレステロールの吸収を妨げ、排泄を促進します。

カリウムは、血圧のコントロールにも有効です。

ワカメ、ひじき、昆布などを、みそ汁、酢の物、サラダ、煮物などで食べましょう。

昆布の効能

昆布が高コレステロールの改善に有効だと言われるのは、海藻特有の水溶性食物繊維の働きによるものです。

特に、昆布に多く含まれているアルギン酸やフコダインには、腸内で水分と一緒にコレステロールを包み込んで排泄を促進したり、糖分の吸収を遅らせる働きがります。

また、クロロフィルやβカロテンなどの抗酸化作用が、LDLの酸化を防いで、動脈硬化を予防します。

手軽に有効成分を摂取したいなら、5センチ程度に切った昆布を、水に入れたコップに浸して一晩おいておく、昆布水がおすすめです。

有効成分が溶け出すので、そのまま飲めばOKです。

海苔の効能

海苔には、EPAが多く含まれていて、その含有量は総脂肪酸の半分以上です。

EPAは、血液が固まるのを抑制する働きがあるので、高コレステロールや高中性脂肪の人、動脈硬化が心配な人は、積極的に摂取したい成分です。

また、海苔には、カリウム、カルシウムなどのミネラル類も豊富です。

おにぎりやのり巻きだけでなく、もみ海苔を、みそ汁や吸い物、そばなどの麺類に散らしたり、おひたしに和えたりすると、手軽に献立に取り入れることができます。

超低カロリーなのも魅力です。

寒天の効能

寒天は海藻の天草を原料に作られています。

天草に多く含まれるのは食物繊維の中でもアガロースやアガロペクチンといった多糖類で、これらが寒天の主要成分です。

コレステロールの吸収を抑制するほか、食後血糖値の上昇を緩やかにしたり、腸内環境を整え、便通をよくする作用があります。

ケーキやスナック、駄菓子などの間食をやめて寒天ゼリーにしたり、ところてんを酢醤油で食べればコレステロール対策にもなります。

また、棒寒天や、糸寒天をみそ汁やスープに加えると、フカヒレ風の食感の食物繊維たっぷりのスープになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket