高血圧が引き起こす病気

 

高血圧は症状がないので、知らず知らずのうちに体をむしばんでいきます。

血圧は、高い状態が長く続いていると動脈の血管に継続的な圧力がかかり、動脈硬化を引き起こすリスクがあります。

動脈硬化は、そのままにしておくと脳卒中や心不全などといった命にかかわる病気につながる可能性があります。

脳卒中・脳疾患のリスクが高まる

高血圧によって、もっともリスクが高まるのが脳卒中です。

収縮期血圧が10mmHg上昇すると、脳卒中の発症・死亡リスクが男性で約20%、女性で約15%と、男女共に高くなることが示されています。

また、脳卒中を発症すると、命が助かっても運動障害や言語障害など後遺症が残りやすいため、長期にわたるリハビリが必要になるケースもあります。

心疾患のリスクが高まる

高血圧が原因となる病気の中で、男性が特に気をつけたいものに心筋梗塞や狭心症などの心疾患です。

収縮期血圧が10mmHg高くなると心筋梗塞や狭心症の危険度が15%増し、男性の場合は特に大きな影響があります。

慢性腎臓病のリスクが高まる

血圧が高い状態が続くと、腎臓にも大きな負担がかかります。

腎臓の機能が衰えると、血液中のナトリウムなどの排出がうまくできず、それによって、さらに血圧が上がるという悪循環に陥ります。

そして、腎臓が機能しなくなり、慢性腎臓病にもつながりかねません。

大きな病気を予防するために

定期的に血圧測定を

一般的に、高血圧は高齢になるほど起こりやすくなります。

日本の場合は、30~40代などの若い世代で、すでにおよそ半数の人が高血圧の状態だといわれています。

高血圧による病気を防ぐには、日頃から自分の血圧に関心を持ち、定期的に測定することが大切です。

もし高血圧が続くようなら、食生活や生活習慣を意識的に改善する必要があります。

高血圧の予防は食事の見直しから

血圧と食事には密接な関係があるため、食事方法や摂取量、味付けなどには注意が必要です。

まずは1日3食、決まった時間に規則正しく食事をするように心がけましょう。また、腹八分目を心がけ、肥満を防ぐことも大切です。

血圧を下げるためには適度な運動も大切

140~159/90~99mmHg程度にある血圧の場合、適度な運動と食生活の改善で血圧を下げられる可能性があります。

適度に運動をすることで心肺機能が向上し、血流がよくなり、血圧が下がるのです。

運動にはウォーキングや水泳、サイクリングなどの有酸素運動と、腕立て伏せや筋トレ、短距離走などの無酸素運動があります。

有酸素運動は酸素を十分に体内に取り入れながら行う運動ですが、無酸素運動は一時的に力を込めたりすることで血圧を上昇させるので高血圧の人は避けたほうがよいでしょう。

高血圧を下げるためには、有酸素運動がおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket