腎臓のはたらきが悪くなると高血圧の原因となる

 

腎臓のはたらきが悪くなると余分な塩分と水分の排泄ができなくなって血液量は増加し血圧が上がります。

さらに、血圧が上がれば腎臓への負担が増え、ますます腎臓の機能が低下してしまいます。

したがって、腎臓のはたらきを守るためにも血圧をコントロールすることはとても重要です。

塩分の摂り過ぎが高血圧の大きな原因です。

通常、腎臓は食事からとった余分な塩分(ナトリウム)を水分(尿)とともに体の外排出する役割を担っています。

ところが、腎臓の機能が低下すると、塩分(ナトリウム)と水分(尿)の排出がうまくできなくなって血液の量が増え、血圧が上がります。

腎臓から分泌される「レニン」という酵素は、血圧を上げる作用をもつ「アンジオテンシンⅡ」というホルモンをつくるのに欠かせない物質で、これによって腎臓は血圧を一定に維持しています。

ところが、腎臓の低下により、血圧を調節する能力は低下するため高血圧になる傾向があります。

腎臓は無数の細い血管(末梢血管)から構成されていて、老廃物を含んだ血液は腎臓で濾過されてきれいになり心臓へ戻されます。

ところが、腎臓の機能が低下すると、これらの末梢血管が硬くなり血液の流れが悪くなります。このため、末梢血管抵抗が大きくなって血圧はさらに上がります。

腎臓の機能を守るためには、血圧のコントロールが必須です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket