塩分の摂りすぎが高血圧の原因

 

高血圧の予防・改善には塩分を控えめにすることが大切です。

塩辛いものを食べると、喉がかわいて水が飲みたくなると思いますが、これは浸透圧を一定に保とうと、カラダが水分を要求しているからです。

人間のカラダの中の体液は塩分(ナトリウム)のパーセンテージが決まっています。

しかしその割合を超える塩分を摂取してしまうと、その濃度を薄めようとするため、水分を必要とするのです。

心臓や血管には一定の容量があるため、その中の血液が増えすぎてしまうと、血管を押し広げ、血圧も上がることになります。

食塩の中のナトリウムは、血管を収縮させる交感神経を刺激します。

必要以上のナトリウムを摂取すれば、血管を縮める働きが活発になってしまい、血圧も高くなるのです。

その状態が続き、血管に余計なストレスがかかり続け、高血圧が悪化するという悪循環が起こります。

摂りすぎたナトリウムは、血管の壁の細胞の中に直接入り込みます。

血圧が高くなっている人の血管は傷がつきやすく、ナトリウムも入り込みやすくなっています。入り込んだナトリウムは、さらに血管を狭くするのです。

そしてナトリウムには、筋肉を収縮させる作用もあります。

ナトリウムが血管に侵入すると、血管は収縮し、血圧が上昇するのです。

本来人間には、尿や汗によって余分なナトリウムを体外に出し、調節する仕組があるのですが、汗をかきにくい人は、汗による塩分調節機能が弱いのです。

そのため塩分は、うまく排出されることなく過剰となり、高血圧の原因となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket