高血圧の薬の副作用

 

高血圧の薬にも副作用はありますので、その内容を知っておくことは重要です。

降圧剤の種類と副作用

カルシウム拮抗薬(ジヒドロピリジン系とベンゾチアゼピン系)

日本で多く処方されている降圧薬で、血管を収縮させる原因になるカルシウムを抑制します。

年齢を問わず使えて狭心症患者にも有効な「ジヒドロピリジン(DHP)系」と、緩やかな作用だけれども心疾患患者には使えない「ベンゾチアゼピン(BTZ)系」の2種類があります。

ほてりやむくみ、動悸、頭痛、歯肉増殖、便秘などがある方は、使用を控えたほうがよいでしょう。

ARB

高血圧の原因となる「アンジオテンシンⅡ」を抑制する働きをします。妊婦や授乳婦には処方されない他、重症肝障害や腎障害の疾患がある場合の服用には注意が必要です。

ACE

高血圧の原因物質のひとつである「アンジオテンシンⅡ」という物質を作らないようにする薬です。

関係するアンジオテンシン変換酵素(ACE)の作用をブロックします。

利尿薬

尿量を増やして、腎臓から塩化ナトリウムの排泄を促進します。

主に使用されるのは、ナトリウムの再吸収を抑制して減少させる「サイアザイド系」、腎機能低下に有効な「ループ利尿薬」、ナトリウムの再吸収に関わるアルドステロンを抑制する「アルドステロン拮抗薬(カリウム保持性利尿薬)」の3種類です。

「サイアザイド系」と「ループ利尿薬」には、筋力低下やけいれん、麻痺、嘔吐、便秘などが起こる可能性がある他、尿酸値が高くなったり、血糖値が下がりにくくなるという副作用があります。

重度の腎機能障害患者には使えません。

β(ベータ)遮断薬

自律神経系のβ(ベータ)作用を抑制して心臓の心拍量を減らし、交感神経を抑える薬です。

若年層の高血圧患者や、心不全の予後改善には有効ですが、高齢者や糖尿病の人には向いていません。

α(アルファ)遮断薬

自律神経系のアルファ(α)作用を抑制して、血管を拡張させる薬です。心筋梗塞や脳卒中が起きやすい早朝高血圧を抑えることが目的です。

服用に関する注意点

降圧剤は、一生付き合う可能性のある薬です。長い間服用していると、予期しないことが起こる可能性もあります。

異常が見られた際は必ず医師に相談しましょう。

血圧が下がったとしても、自分の判断で服用を止めると、血圧が戻ってしまう危険があり、変動をくりかえすと血管を傷つける原因となります。

飲み忘れてもまとめて飲まない

まとめ飲みをして1回の基準量が増えるのは危険です。決してまとめ飲みはしないようにしましょう。

飲み合わせに注意

新しい薬を処方されたり市販薬を購入する時には、必ず現在服用している降圧剤を医師や薬剤師に伝えましょう。

特に、高血圧の原因になる甘草 (かんぞう)が入っている漢方薬には注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket