血圧が高くなる原因

 

高血圧には、明らかな原因となる病気があるためにおこるタイプがあり、これを二次性高血圧といいます。

これに対して、原因となる病気が特定できないタイプを本態性高血圧といい、日本の高血圧症患者の90 % 弱が本態性高血圧です。

現在までのところ、本態性高血圧の発症には、いくつかの遺伝子が関係していることが分かっています。

例えば、腎臓でのナトリウムの再吸収に関係すると考えられる遺伝子が見つかっていて、この遺伝子の異常も高血圧の発症にかかわっていることが考えられます。

また、高血圧の代表的な合併症である脳卒中にも遺伝子が関係していると考えられています。

脳卒中は高血圧になれば誰でも起こるわけではなく、脳卒中遺伝子がある人が高血圧になった時に発症すると考えられているのです。

このように、最近の研究で高血圧の遺伝的素因が解明されつつあります。

仮定としては、血圧調整において重要な器官である脳、中枢神経系、腎臓、心血管系、内分泌系、血管の平滑筋の細胞膜などの異常に遺伝的要素があるのではないかとみられているのです。

本態性高血圧のおよそ半分が、こうした遺伝的素因によるものと考えられています。

ただし、遺伝的要素があれば誰でも高血圧になるわけではありません。

その人の生活習慣が重なることによって、高血圧が引き起こされるのです。

親の高血圧が子供に遺伝する割合は、調査によっても結果が異なりますが、ほぼ次のような割合ではないかといわれています。

両親とも高血圧でない

高血圧の素因をもつのは、子供10人から20人に1人

両親のどちらかが高血圧

高血圧の素因をもつのは、子供3人に1人

両親とも高血圧

高血圧の素因をもつのは、子供2人に1人

この割合はあくまで高血圧になりやすいという遺伝的素因ですから、素因を持っていても生活習慣に注意を払うことによって高血圧にならずに生活することは可能です。

一方、遺伝的素因に加わると高血圧のリスクが高まる生活習慣としては、塩分の過剰摂取、過食による肥満、アルコールの過剰摂取、カルシウムやカリウムの摂取不足、タバコ、ストレス、運動不足などがあります。

この生活習慣によるものが本態性高血圧のおよそ半分であると考えられています。

本態性高血圧は、遺伝的素因と生活習慣が複雑に絡んで発症するのです。

二つの因子が関与する比率は同程度と考えられていますが、個人差もあるでしょう。

まずは生活習慣を改善することが高血圧対策のポイントになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket