原因が判明している高血圧  

 

二次性高血圧とは、何らかの病気が引き金となって起こる高血圧のことです。

高血圧全体に占める割合は、5~10パーセントと多くはありませんが、35歳以下の若い人が発症する高血圧では、4人に1人が二次性高血圧といわれています。

そのため、二次性高血圧の原因となる病気を探し出してしっかり治療をすれば治すことが可能です。

二次性高血圧で最も多いのが腎性高血圧と腎血管性高血圧です。

腎性高血圧で血圧が上がるのは、腎臓の障害によってナトリウムや水分の排泄が障害され、血液の循環量が増えるためです。

腎血管性高血圧は、腎臓に血液を運ぶ腎動脈に動脈硬化が起きたり、筋線維などが増殖したりして血管の内腔が狭くなって起こります。

また、腎臓でつくられるレニンによってアンジオテンシンⅡが過剰になると、血圧が上昇します。

内分泌性高血圧は、副腎皮質や副腎髄質から分泌されるホルモンの異常によって起こる高血圧です。

代表的なものに副腎皮質の良性腫瘍、異常な増殖などによってアルドステロンが過剰に分泌される原発性アルドステロン症があります。

アルドステロンには腎臓の尿細管からナトリウムを再吸収してカリウムを排泄する作用があるため、血中のカリウムが低下し、血液循環量が増え、血圧が上昇します。

このほか、副腎皮質から分泌される糖質コルチノイドの分泌量が多くなるクッシング症候群でも高血圧になります。

大血管疾患による高血圧にもいくつかの種類があります。

大動脈弁閉鎖不全症は、心臓の弁が閉じるべき時に閉じないために、送り出されるべき動脈血が心臓へ逆流する病気で、その分、心臓は余分に血液送らなければならないために、血圧が上がります。

このほかステロイドなどの薬剤の副作用として高血圧が引き起こされる例が報告されています。

                                                 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket