血圧が高いといけない理由

 

高血圧が恐ろしいのは、自覚症状がないことです。

頭痛やめまい、動機など感じることもありますが、ほとんどの場合、自覚症状は全くありません。

しかし、高血圧が続くと、気が付かないうちに動脈硬化が進みます。

すると、脳卒中や心筋梗塞など、命にかかわる重大な病気を招く危険性が高まります。

そして、ある日突然、発作を起こすのです。

こうしたことから、高血圧は、サイレントキラーともよばれます。

動脈硬化でボロボロになった血管は、血液がスムーズに流れず、いっそう高血圧が進行するという悪循環を引き起こします。

血中コレステロール値や血糖値が高い人は、さらに症状が進みやすくなります。

動脈硬化が怖いのは、脳や心臓、腎臓などの血管が破れたり詰まったりすることです。

脳出血や脳梗塞、狭心症、心筋梗塞、腎不全など、いずれも命にかかります。

高血圧を防ぐには、定期的に検査を受ける、生活習慣を改善するなど、日ごろから注意することが重要です。

特に要注意なのは、肥満気味で運動不足の人、ストレスが強い人、塩分やアルコールをとり過ぎている人なのです。

このような生活習慣を続けていると、今は大丈夫でも、将来的には高血圧なるリスクがとても高いのです。

また、家庭的に高血圧の人が多い場合、そうした体質を引き継いでいる可能性が高いので、一層の注意が必要になります。

高血圧には自覚症状がありません。

したがって、定期的に検査を受けることが重要です。

20代から30代であれば年に1回、40代から50代であれば年に2回程度、血圧測定を受けましょう。

費用がかかると思う場合には、血圧計を購入して家庭で血圧を測定してはどうでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket