高血圧の薬物療法

 

高血圧を治療する目的は、脳や心臓、腎臓などの臓器障害を防止、進行を抑えることです。

ですから、降圧薬は、血圧を下げて臓器障害を進行させないことを目標に使います。

初めに使う薬は、カルシウム拮抗薬、ARB、ACE阻害薬、利尿薬です。

血圧は少しずつ下げていくことが大切なので、医師はこれらから1種類を選び、少量の服用から始めます。

カルシウム拮抗薬

細胞内へのカルシウムの流入を防ぐことによって、血圧を下げる薬です。

カルシウム拮抗薬には、血管を拡張させる作用があります。

抹消血管を拡張させるだけでなく、心臓の血管を広げる働きがあり、冠動脈の攣縮という異常な収縮を抑える作用があるため、攣縮によって起きる狭心症にも有効です。

ARB

ARBは、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬のことで、、略してAⅡ受容体とも呼ばれます。

アンジオテンシンⅡは、アンジオテンシンⅠに誕生、アンジオテンシン変換酵素が働きかけてできるホルモンです。

アンジオテンシンⅡが、心臓や血管、腎臓などにある受容体に結合すると、血管を収縮させて、血圧を上げる作用が生まれます。

ARBは、この受容体の働きを阻害して血管を拡張させ、同時に水分や、電解質を調整しながら血圧を下げます。

ACE阻害薬

血圧を上げる、アンジオテンシンⅡをつくるACEという酵素の働きを阻害する薬です。

ACE阻害薬は、アンジオテンシンⅠからアンジオテンシンⅡをつくる、ACEの働きを阻害することによって、血圧を下げる薬です。

利尿薬

利尿薬は、腎臓に働いてナトリウムの排泄を促進して、尿の量を増やします。

すると血液中の余分な水分が減り、血液の全体量も減るために、血圧が下がるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket