血圧を下げる食べ物~イモ~

 

世界の長寿村に共通するのはイモ類をよく食べることです。

イモが長寿に役立つ理由で重要なのは、カリウムと食物繊維を多く含むというところです。

カリウムと食物繊維は塩の成分であるナトリウムの害を防ぎ、高血圧の予防に役立つのです。

カリウムとナトリウムは、どちらも私たちの体に欠かせない大切なミネラルですが、塩分を摂りすぎて体内でナトリウムが増えると、細胞の中にもナトリウムが増えてきます。

ナトリウムは水を引き込む性質を持っていますから、ナトリウムの増えた細胞は水膨れの状態なります。

それが血管の壁を作っている細胞でおこると、血管の壁は膨れ上がってしまい、血液の通り道が狭くなります。

その結果、血管に圧力がかかり、血圧が上昇するというわけです。

しかし、この時にカリウムを十分にとっていれば、細胞の膜によるポンプのようなものがカリウムをくみいれることによって、代わりにナトリウムを追い出すように働き、追い出されたナトリウムは尿として排泄されます。

一方、食物繊維にはナトリウムを吸着し、便として排出する働きもあり、塩の体内での吸収が少なくなります。

イモをたくさん食べている長寿地域の人たちの尿を調べてみると、ほかの地域に比べてやはりカリウムの摂取量が多いことがわかりました。

また、ナトリウムとカリウムの摂取量を比べてみると、ナトリウムがカリウムの3倍以下に収まっています。

長寿村の人たちを見習って、カリウムの豊富なジャガイモ、サトイモ、山芋などのイモ類を食生活に取り入れ、高血圧の予防に役立ててみるのはどうでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket