血圧を下げる食べ物~まいたけ~

   2017/05/19

マイタケの効果を調べるのにこのような実験が行われました。

生まれつき高血圧になるラットに

普通のえさ

20パーセントのまいたけを加えたえさ

30パーセントのまいたけ加えたえさ

を与えるグループに分けると、普通のえさを与えたラットは血圧が上昇し、まいたけを加えたえさを与えたグループでは七日目から血圧降下が顕著にあらわれました。

まいたけを加えたえさを与えたグループでも、普通のえさに切り替えると、元の値にまで血圧が上昇し、再度まいたけを加えたえさに戻すと、再び血圧の降下が確認されました。

次に、まいたけ入りのえさですでに血圧が下がっているラットに、

自律神経移節遮断薬

血管平滑筋弛緩薬

交感神経抑制薬

利尿降圧剤

を投与すると

交感神経抑制薬だけに血圧の降下が見られました。

これは、まいたけに含まれる高血圧を下げる物質が、交感神経抑制作用とは異なるメカニズムであったことが考えられます。

さらに、血圧降下作用がある成分はアルコールに溶ける脂質であることが判明しています。

また、まいたけには、Xフラクションと名付けられた有効成分が含まれており、これにも血圧を下げる作用が確認されています。

アメリカの高名な医師マイケル・ウイリアム博士は、自分自身の高血圧をまいたけで安定させているそうです。

またウイリアム博士は、患者さんに与えてもよい効果が見られたということで、まいたけから降圧剤をつくる作業に取り組んでいるということです。

一般には、まいたけの乾燥粉末を1日3~4g、2週間ぐらい取り続けると、血圧は13パーセント程度下がります。

一度安定期にはいると1日2~3gの服用で血圧が維持できることが確認されています。

まいたけを食べ続けることでも、降圧効果を期待できますか、血圧が上がるのには様々な要因があるので、人によって効果の出ない場合もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket