超悪玉コレステロールを改善するコツ

 

超悪玉コレステロールが多いかどうかは、食事の習慣や体つきからある程度分かります。

小型LDLができるかどうかは、食事の影響を大きく受けているのです。

中性脂肪が高い人は、ご飯やパン、麺類などの炭水化物、甘いお菓子やジュース類を好む人が多く、超悪玉コレステロールが多い可能性があります。

それは、中性脂肪が増えると、超悪玉へと変わっていくからです。

超悪玉コレステロールを改善するコツはまず中性脂肪を減らすことです。

中性脂肪値が高い人は見た目にもぽっこりとおなかが出ています。

この中性脂肪が取れれば、それにつれて小型LDLの粒が大きくなり、危険度が減っていきます。

食生活のリズムや内容からもある程度の想像ができます。

より遅く食事をすることが多い、夜食をよくとる、甘いものや清涼飲料水、砂糖入りの缶コーヒーなどよくとる人は、取り過ぎた糖分をエネルギーとして使わないときに中性脂肪に変えてしまいます。

そのため中性脂肪の数値が上がりやすいのです。

最近の子供たちは栄養のバランスが乱れており、中性脂肪が増えてきています。

そのため、年齢は低くても超悪玉コレステロールが多くなりやすいので気をつけなければいけません。

また、体つきからも判断できます。

男性に多いのですが、腰まわりにはあまり脂肪がついておらず、おなかだけがぽっこり出たリンゴ型といわれる内臓肥満タイプです。

このタイプの人は超悪玉コレステロールが多く、血糖や血圧の数値も上がりやすい傾向があります。

女性に多い洋ナシ形の体系は、皮下脂肪は多いものの、内臓脂肪はそれほど多くないので、意外と超悪玉コレステロールは少ないのです。

超悪玉コレステロールを予防するには

食事の注意点としては、中性脂肪を減らす食事をすることです。

まずは3度の食事をきちんと取り、間食や夜食をとらない、菓子やお酒の飲み過ぎも控えます。

中性脂肪が多い人ほど野菜をとる量が少なく、栄養バランスが偏っています。

食物繊維の多い食品や、野菜、キノコ類や海藻類をよくとることです。

青魚に多いDHAやEPAなどの油は、超悪玉コレステロールを減らす効果があります。

また、外食費多く取ることもおすすめです。

食事の改善だけでなく、体を動かすことも大切です。

運動というと面倒に思う人も多いと思いますが、日常生活の中で歩くだけでいいのです。

1日一回5~10分程度歩くようにするだけで効果があります。

慣れてきたら、時間や回数を少しずつ増やしていきましょう。

ジムなどに通わなくても、会社ではエスカレーターなどを避け、極力階段を使って歩くように心がけるだけでも違います。

都会は階段が多いので、階段を上り下りするだけでもかなりの運動量になると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket