善玉コレステロールを増やすコツ

 

植物油が動脈硬化予防食品として注目を浴びています。

これは、植物油に含まれる不飽和脂肪酸が血中コレステロール値を下げ、とり過ぎなければ善玉のHDLコレステロールを増やす働きがあるからです。

善玉のHDLコレステロールは、動脈にへばりついた悪玉のLDLコレステロールを取り除いてくれます。

HDLが増え、LDLが減れば動脈硬化は防げるのです。

一方、動物性脂肪のとり過ぎは動脈硬化を進めるので、なるべく摂取量を減らした方がいいといわれています。

動物性脂肪をたくさんとっていると、血液中にLDLが増え、血管壁にコレステロールがたまりやすくなるからです。

多くの人は、植物油のみを摂取して、動物性脂肪を目の敵にしがちです。

しかし、いくら良いものでも、とり過ぎるのは禁物です。

植物油、特にリノール酸をとり過ぎると、確かに悪玉のコレステロールは減るのですが、それ以上に善玉のコレステロールが減ってしまうというデメリットもあります。

植物油だけをとっていればいいというわけではりません。

大切なのは、動物性脂肪と植物油のバランスであってHDLを最も増やすような割合にすることです。

では、どのくらいの割合がよいのでしょうか。

一般的に植物油2に対し、動物性油1ぐらいの比率でとるのが理想とされています。

この割合でとると、動脈硬化を予防し、長寿につながる、一番いい油の取り方といわれています。

なお、不飽和脂肪酸が多い植物油として紅花油、コーン油、菜種油、大豆油、米ぬか油、などがあげられます。

ただし、同じ植物油でも、パーム油、ヤシ油、ココナッツ油は、飽和脂肪酸が多いため、動物性脂肪と同じに考えなければなりません。

また魚油は動物性脂肪ではりますが、不飽和脂肪酸が多いという特徴があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket