水溶性食物繊維がコレステロールを低下させる

 

心筋梗塞や脳梗塞などのコレステロールと関係する病気を防ぐには、まず脂肪の量を適正にすることが大事ですが、忘れてならないのが食物繊維の摂取です。

食物繊維は、コレステロールの吸収を抑制し、その結果、血中コレステロール値の上昇を防ぎ、それを正常値近くにする働きがあります。

その働きの仕組みには、消化液の一つである胆汁酸がかかわっています。

胆汁酸とは、コレステロールを原料として肝臓で作られる消化液のことです。

胆汁酸は絶えず肝臓、小腸、胆のうの中に一定量がプールされていて、食べ物に含まれる脂肪を消化するときに十二指腸に分泌されます。

消化の役目を終えた胆汁酸は、腸管から再吸収され、肝臓に戻って再利用されます。

これを胆汁酸の腸管循環といますが、食物繊維はこの時、胆汁酸を吸着して再吸収を妨げる働きをするのです。

胆汁酸を吸着した食物繊維は、そのまま体外に便とともに排泄されます。

胆汁酸は一定量をプールしておく必要があるのに、食物繊維に奪われて肝臓にもどってこない分があるのですから、肝臓はどんどんコレステロールを胆汁酸に作り替えます。

この時原料として使われるのが血液中のコレステロールです。

こうして血中コレステロール値が低下することになるのです。

さらに食物繊維は、食べ物に含まれているコレステロールを、便と一緒に排泄させる働きもあります。

食物繊維には、水に溶ける水溶性のものと、水に溶けない非水溶性のものとがあります。

水溶性の食物繊維は水を含んでどんどん膨張するのが特徴で、その蓄えた水を結合水といいます。

実は、この結合水の中に胆汁酸やコレステロールを閉じ込めてしまうのです。

一方、非水溶性は結合性がほとんどないので、食べ物に含まれるコレステロールを吸着する力は非常に弱いのです。

いろいろな食物繊維の種類別に、コレステロールや胆汁酸の小腸の中での吸着力を比較した実験があります。

実験に使った食物繊維は、セルロース、コンニャクマンナン、グァーガム、それにキトサンです。

セルロースは非水溶性、コンニャクマンナン、グァーガムは水溶性、キトサンはカニの甲羅などに含まれる動物性の食物繊維です。

結果は、もっとも吸着力が大きかったのがコンニャクマンナンで、セルロースの吸着力はゼロ。

グァーガム、キトサンはその中間でした。

コンニャクを食べると動脈硬化が防げると早合点する人がいるかもしれませんが、こんにゃくはコンニャクマンナンを水に溶けないゲル状にしたもので、水には溶けないため、効果は期待できません。

非水溶性の食物繊維については、胆汁酸やコレステロールを吸着する力が弱いといっても、便秘の解消や大腸がんの予防などの効果が期待できるため、役に立たない食物繊維というわけではりません。

食物繊維は特別な食物成分ではなく、日常口にする野菜、果物、豆、海藻、穀類などから摂取することが大切です。

薬ではないので、即効性を期待することはできませんが、血中コレステロールを正常化する働きが期待できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket